食物繊維が多いヨーグルトを使った料理レシピ

【混ぜるだけ】食物繊維が多いヨーグルトを使った料理レシピ

【混ぜるだけ】食物繊維が多いヨーグルトを使った料理レシピ

蠕動運動が活発になり、腸内の環境を整える水溶性食物繊維と、便の量増やして便意を感じさせてくれる不溶性食物繊維は、両者とも便秘を改善したり予防することができます。

 

また、便秘の予防や改善としてヨーグルトも古く昔から有名ですが、ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。

 

乳酸菌が腸内の調子を整えてくれるため、食物繊維と同じくらい毎日摂取していきたいところです。

 

ただ、ヨーグルトだけで便秘が解消できたと言う方もいますが、頑固な方の場合は加えて食物繊維を摂取していくようにすると、より一層メリットが高くなるでしょう。

 

 

 

 

ヨーグルトに混ぜたいオススメ食品

リンゴ

ヨーグルトと一口にいってもいろいろな種類がありますが、角切りのリンゴヨーグルトは、リンゴが持つ食物繊維が加えて腸内環境を整えてくれるのでおススメです。

 

 

 

グラノーラ

また、ヨーグルト自体に食物繊維が入っているものでなくとも、グラノーラなど食物繊維が豊富なシリアルと混ぜて食べるのも良いでしょう。

 

 

 

ドライフルーツ・バナナ

ドライフルーツやバナナにもたくさんの食物繊維が含まれていることで有名ですので、これらもヨーグルトに投入して、朝ごはんとして食べると腸の働きも活発になって便意が起こりやすくなります。

 

 

 

ヨーグルトも毎日となると同じ味では飽きてしまうこともありますが、入れる食品や食材を変えるだけで、飽きずに毎日取り入れることができるようになります。

 

また、そのままではヨーグルトもさらっと食べられてしまいますが、食物繊維が多い食品を入れることで食べ応えや噛みごたえが出て咀嚼の回数の増加にも繋がります。

 

咀嚼回数が増えれば満腹感もしっかりと得られますので、ダイエットにも繋がると言う一石二鳥です。

 

 

以上、【混ぜるだけ】食物繊維が多いヨーグルトを使った料理レシピをご紹介しました。

 

他にも「【簡単】食物繊維が多いキャベツと大豆を使った料理レシピ」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

キャベツと大豆を使った料理
食物繊維が多いキャベツと大豆を使った料理レシピを掲載しています。
4品
食物繊維が多い美味しい料理レシピについて掲載しています。