【腸が活発】食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量

【腸が活発】食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量

【腸が活発】食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量

食物繊維とは、水溶性と不溶性の種類に分類されます。

 

どちらのタイプも、食べれば胃や小腸などで吸収されることなく大腸まで辿り着くのです。
ですが、大腸まで届いた後から少しずつ働き方が異なってくるのです。

 

 

 

食物繊維はどのように蠕動運動に作用する?

水溶性のものに関して言えば、水に溶けると言う性質を持ちながら腸内で有機酸という物質を作り出し、これが腸を直接刺激し、蠕動運動を活発にさせてくれると言われています。

 

また、不溶性のものに関しては、水には溶けないものの、水分をキープする性質を持っています。

 

消化管の水分を吸収しながらどんどんと便の量を増やしていくことができるため、それが腸を刺激することになり、蠕動運動が活発になるのです。

 

つまり、水溶性のものと不溶性どちらも蠕動運動を活発にさせる効果を出すのに欠かせないということになるのです。

 

 

 

蠕動運動を活発にするために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

蠕動運動を活発にさせるためには、一日に20gほどは食品から食物繊維を摂取したいところ。

 

一日に必要な野菜の量350gでは半分くらいの食物繊維しか摂取することができないため、いろいろな食品をバランスよく摂取していきましょう。

 

 

 

蠕動運動を活発にするためのオススメ食品

中でもおススメなのが豆類や海藻類です。

 

価格も手ごろでスーパーなどでも手軽に購入できます。
使い勝手の良い豆の水煮缶、海藻も水で戻すだけでOKですので、簡単です。

 

ただ、食物繊維は必要以上に摂取しすぎると腸内のバランスが逆に乱れてしまい、下痢を引き起こしたりすることがあるといいます。

 

ですので、食べ過ぎには十分注意しながら、バランスよくいろいろな食品を食べるように心がけましょう。

 

 

以上、【腸が活発】食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「【簡単】食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
宿便解消
食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
脂肪吸収抑制
食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量について掲載しています。
食べ過ぎ防止
食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量について掲載しています。
お腹の張り解消
食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
コレステロール値の改善
食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量について掲載しています。
満腹感
食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。