【間食防止】食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量

【間食防止】食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量

【間食防止】食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量

食物繊維が豊富な食品は、多くが食べ応えや噛みごたえがあります。

 

よく噛んで噛み砕かないと飲み込むことができないため、おのずと咀嚼の回数も増え、早食いを防止したり満腹感を得たりすることができます。

 

また、食物繊維の種類の一つに水溶性がありますが、水溶性の食物繊維は、お腹の中で水と混ざると溶ける性質があります。

 

お腹の中で溶けた食物繊維がゲル状になり膨らみ、より一層満腹感の効果を得られるようになります。

 

 

 

満腹感を得るために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

一日に摂取したい食物繊維の量として推奨されているのが男性だと18g、女性だと17gだと言われていますが、満腹感を得るためには20gは一日に摂りたいところです。

 

ただ、一日に必要だといわれている野菜の量は350gですが、これを食べられたとしても摂取できる食物繊維の量は10gほどしかありません。

 

つまり、バランスよくいろいろなものから摂取しないと、一日の目安量には到底届かないのです。

 

また、満腹感を得るためには、食事の一番最初に野菜や豆類、海藻類など食物繊維が豊富な食品を食べることが大切です。

 

 

 

満腹感を得るためのオススメ食品

おススメなのが、豆類や海藻類

 

これらの食品は、野菜以上にたくさん食物繊維を含んでいますので、これらを上手に取り入れながら手軽に食物繊維を摂取していきましょう。

 

間食など少し小腹がすいた時はドライフルーツを食べると良いでしょう。

 

ドライフルーツもたくさんの食物繊維が含まれているので、空腹を抑えられるため、間食の防止につながります。

 

 

以上、【間食防止】食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「【代謝促進】食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
宿便解消
食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
脂肪吸収抑制
食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量について掲載しています。
食べ過ぎ防止
食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量について掲載しています。
お腹の張り解消
食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
コレステロール値の改善
食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。
蠕動運動促進
食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量について掲載しています。