食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量

食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量

食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量

食べ物に含まれている食物繊維は、腸の中で分解されることなくそのまま便として排出されます。

 

この時、食物繊維が中性脂肪やコレステロールを吸収し、一緒に体の外へ排出してくれるので、コレステロール値がコントロールされるようになるのです。

 

 

 

食物繊維はどのようにコレステロールに作用する?

食物繊維には2つの種類があるということも加えて覚えておいた方が良いでしょう。

 

一つは水溶性で水に溶けるタイプ、もう一方は水にとけない不溶性の食物繊維です。
水溶性の食物繊維は、お腹の中で水に溶けゲル状になり、コレステロールを吸収します。

 

不溶性は、水に溶けずにそのままコレステロールを包み込み、一緒に体外へ排出してくれますので、どちらもバランスよく摂ると効果を実感しやすくなります。

 

 

 

コレステロールを下げるために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

食事の際は、食物繊維が豊富な野菜やお豆類、海藻や芋類からまず先に食べるようにしましょう。

 

お腹の中に食物繊維が入った状態にしてあげると、吸収率も高まります。
一日に20g程度は食物繊維を摂りたいところです。

 

 

 

コレステロールを下げるためのオススメ食品

最も食物繊維が豊富なのが豆類です。

 

野菜ももちろん豊富に含まれていますが、それ以上に豆類は多く含まれています。
豆の水煮や缶詰を使えば手軽に調理できますし、そのままサラダにすることもできます。

 

良かれと思って目安量以上に摂取すると、お腹が緩くなって下痢をしたりすることがありますので、摂り過ぎにも十分な注意が必要です。

 

様々な食品に食物繊維は含まれていますので、バランスよくいろいろなものを摂り入れるようにしましょう。

 

 

以上、食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「【間食防止】食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
宿便解消
食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
脂肪吸収抑制
食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量について掲載しています。
食べ過ぎ防止
食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量について掲載しています。
お腹の張り解消
食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
満腹感
食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。
蠕動運動促進
食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量について掲載しています。