【痛い】食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量

【痛い】食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量

【痛い】食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量

お腹の張りや便秘解消に一役買ってくれる食物繊維ですが、摂り方を間違えると逆にお腹の張りを酷くさせてしまうことがあるため注意が必要となります。

 

本来なら、お腹が張るなどということはないはずにもかかわらず、お腹が張ってしまう原因として考えられるのが、食物繊維はしっかり摂れていても、水分量が少ない可能性が高いと言えるでしょう。

 

食物繊維には2種類あって、水に溶ける水溶性と水にとけない不溶性があります。

 

どちらも水なしではそれぞれの効果を発揮することができないため、食事の際はしっかりと水分も摂っていかなくてはいけないのです。

 

 

 

お腹の張りを解消するために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

一日に必要な食物繊維の量は成人男性なら18g、成人女性なら17gとされています。

 

また、一日に必要な水分量として、こちらも年齢や体格によって異なるところはあるものの、1.5リットルから2リットルだと言われています。

 

コップ一杯のお水を食事の前に先ず一杯、食事の際に一杯とこまめに摂ることにより、お腹の張りを感じずに食物繊維を効率よく摂取することができます。

 

 

 

お腹の張りを解消するためのオススメ食品

野菜はもちろんですが、野菜以上に豆類や海藻類、キノコ類などの食品には食物繊維がたっぷりと含まれていますので、これらを上手に取り入れていくことが大切でしょう。

 

食物繊維を積極的に食べていても、なかなか張りが収まらないような時は水分が不足している証拠です。

 

食事から摂る食物繊維と併せて水分をこまめに摂取できるよう工夫をしていきましょう。

 

 

以上、【痛い】食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
宿便解消
食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
脂肪吸収抑制
食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量について掲載しています。
食べ過ぎ防止
食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量について掲載しています。
コレステロール値の改善
食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量について掲載しています。
満腹感
食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。
蠕動運動促進
食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量について掲載しています。