【予防】食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量

【予防】食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量

【予防】食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量

食べ過ぎを防ぐためには、良く噛んでゆっくりと食事を摂ることが大切です。

 

しかしながら、空腹だとどうしても急いでガツガツ食べてしまうのが正直なところではないでしょうか。

 

そこで、積極的に取り入れたいのが食物繊維です。

 

 

 

食物繊維はどのように食べ過ぎに役立つ?

食物繊維と一口に言っても2種類あります。

 

まず一つ、水溶性の食物繊維は水に溶けお腹の中で膨らむという性質を持っていて、腸の中をゆっくりと移動するというメリットがあります。

 

ですので、空腹になりにくく食べ過ぎを防止してくれる効果が期待できるのです。

 

また、二つ目の食物繊維に不溶性がありますが、不溶性はその漢字の通り水に溶けにくいという性質があります。

 

水に溶けず腸の中に留まることができるので、こちらも空腹感を紛らわしてくれるという嬉しい特徴があるのです。

 

つまり、どちらの食物繊維も空腹を抑えられるので、食べ過ぎを防止できるのです。

 

 

 

食べ過ぎを予防するために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

一日に必要な食物繊維の量は年齢によって異なります。

 

しかしながら男性なら18g、女性なら17gは一日で確実に摂取したい食物繊維の量となっています。

 

また、食べ過ぎを防止するためには、主菜と穀類を食べる前に、野菜や豆類などの副菜から食べるようにすると良いでしょう。

 

 

 

食べ過ぎを予防するためのオススメ食品

一日に必要とされている野菜の量は350gですが、これを生野菜で食べたとしても一日に必要な食物繊維の半分くらいの量しか摂取することができません。

 

ですので、野菜以上に食物繊維が豊富な豆類、海藻類、キノコ類、芋類などの食品を上手に取り入れながら摂取していくことが大切です。

 

 

以上、【予防】食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「【痛い】食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
宿便解消
食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
脂肪吸収抑制
食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量について掲載しています。
お腹の張り解消
食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
コレステロール値の改善
食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量について掲載しています。
満腹感
食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。
蠕動運動促進
食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量について掲載しています。