【高効率】食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量

【高効率】食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量

【高効率】食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量

食物繊維は、水溶性と不溶性に分けることができます。

 

水に溶けにくいと言う特徴がある不溶性は、消化する器官に触れると蠕動運動を活発にすることができます。

 

また、水溶性は、水に溶けると言う特徴があり、糖分や脂肪などをゲル状になった水溶性の食物繊維が包み込むことができるようになるので、体内に吸収しにくくなります。

 

つまり、どちらの食物繊維も脂肪や糖分、塩分などが体内に吸収されるのを抑制してくれるという効果が期待できるのです。

 

 

 

脂肪吸収を抑えるために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

この効果をより一層引き出すためには、食事をする一番最初に野菜や豆類、芋類、キノコ類、海藻類など食物繊維が豊富な食品を摂取することが大切です。

 

食物繊維が体内に入った後に食事をすれば、おのずと塩分や糖分、脂肪分が吸収されにくくなるのでダイエットにも効果が期待できます。

 

成人が一日当たり摂取したい食物繊維の量は男性なら18g、女性なら17g、ダイエットや便秘の解消を目的としている時は20gは摂取するのが望ましいと言われています。

 

 

 

脂肪吸収を抑えるためのオススメ食品

特に食物繊維が豊富な豆類は、なかなか食卓に上る機会が少ないですので、サラダ豆などとしてスーパーで売られている物を活用するれば、効率よく簡単に食物繊維を摂取することができます。

 

ここまでのことをまとめると、脂肪吸収を抑えるためには、食事の最初にサラダなどの野菜類から食べること、豆類や海藻類などもたくさん活用すること、そして一日あたり20g近くの食物繊維を摂るように心がけるようにしましょう。

 

 

以上、【高効率】食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「【予防】食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
宿便解消
食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
食べ過ぎ防止
食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量について掲載しています。
お腹の張り解消
食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
コレステロール値の改善
食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量について掲載しています。
満腹感
食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。
蠕動運動促進
食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量について掲載しています。