【スッキリ】食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量

【スッキリ】食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量

【スッキリ】食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量

本来なら、人間の体というものは便がスムーズに出るような仕組みになっています。

 

しかしながら、食べても便がなかなか出ず宿便として溜まってしまったりするということは、便が硬いと言うことが一つの原因として挙げられるでしょう。

 

 

 

食物繊維はどのように宿便に作用する?

便が硬いということは、水分量が不足していると言うことが言えるのですが、腸の中で水分を保持するために必要な食物繊維の摂取量が少ないということが、主な要因として考えられます。

 

ですので、積極的に食物繊維を摂取して、腸内の水分保持に役立てることができれば、便通がかなり改善されるのは間違いありません。

 

 

 

宿便を出すために必要な食物繊維の摂取量と摂取方法

成人の場合、一日当たり20〜25g程度、食物繊維を取ることがベストだと言われています。

 

しかしながら、野菜を積極的に食べるようにしていたとしても、到底20gという食物繊維を摂取するのは難しいのが現状です。

 

また、食物繊維にも2つのタイプがあり、水溶性と不溶性があります。

 

どちらにもメリットやデメリットがありますが、両者をバランスよく摂取するのが一番効果があります。

 

 

 

宿便を出すためのオススメ食品

水溶性の納豆やさつまいも、枝豆やゴボウ、切干大根や海藻など、不溶性の玄米、なめこ、きゃべつ、そらまめ、ライ麦、リンゴなどをバランスよく3食に織り交ぜて摂取していきましょう。

 

宿便を解消するためには、食事の際に水分をしっかりと摂るということも忘れてはいけません。

 

せっかく摂取した食物繊維の効能を発揮させられなくなってしまうからです。

 

また、乾燥させたドライフルーツなどの食品も食物繊維が豊富なので、おやつ代わりに食べるなどすると尚良しです。

 

 

以上、【スッキリ】食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量をご紹介しました。

 

他にも「【高効率】食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【最強】食物繊維の多い食品8選!


関連ページ

便秘解消
食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
脂肪吸収抑制
食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量について掲載しています。
食べ過ぎ防止
食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量について掲載しています。
お腹の張り解消
食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量について掲載しています。
コレステロール値の改善
食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量について掲載しています。
満腹感
食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量について掲載しています。
胆汁酸吸着
食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量について掲載しています。
蠕動運動促進
食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量について掲載しています。