食物繊維の効果と効果的な摂取量

食物繊維の効果と効果的な摂取量

食物繊維の効果と効果的な摂取量記事一覧

【簡単】食物繊維の便秘解消効果と効果的な摂取量

便秘に悩める女性は数多くいますが、それぞれ便秘の度合いは異なります。頑固な方もいれば、ちょっと水分を多く摂るだけで便意を催す方などいろいろですが、簡単には便秘は改善出来ないとも言われているため、体の内側から体質改善をしていくことが大切になります。また、便秘解消の効果があると言われている食物繊維ですが...

≫続きを読む

【スッキリ】食物繊維の宿便解消効果と効果的な摂取量

本来なら、人間の体というものは便がスムーズに出るような仕組みになっています。しかしながら、食べても便がなかなか出ず宿便として溜まってしまったりするということは、便が硬いと言うことが一つの原因として挙げられるでしょう。食物繊維はどのように宿便に作用する?便が硬いということは、水分量が不足していると言う...

≫続きを読む

【高効率】食物繊維の脂肪吸収抑制効果と効果的な摂取量

食物繊維は、水溶性と不溶性に分けることができます。水に溶けにくいと言う特徴がある不溶性は、消化する器官に触れると蠕動運動を活発にすることができます。また、水溶性は、水に溶けると言う特徴があり、糖分や脂肪などをゲル状になった水溶性の食物繊維が包み込むことができるようになるので、体内に吸収しにくくなりま...

≫続きを読む

【予防】食物繊維の食べ過ぎ防止効果と効果的な摂取量

食べ過ぎを防ぐためには、良く噛んでゆっくりと食事を摂ることが大切です。しかしながら、空腹だとどうしても急いでガツガツ食べてしまうのが正直なところではないでしょうか。そこで、積極的に取り入れたいのが食物繊維です。食物繊維はどのように食べ過ぎに役立つ?食物繊維と一口に言っても2種類あります。まず一つ、水...

≫続きを読む

【痛い】食物繊維のお腹の張り解消効果と効果的な摂取量

お腹の張りや便秘解消に一役買ってくれる食物繊維ですが、摂り方を間違えると逆にお腹の張りを酷くさせてしまうことがあるため注意が必要となります。本来なら、お腹が張るなどということはないはずにもかかわらず、お腹が張ってしまう原因として考えられるのが、食物繊維はしっかり摂れていても、水分量が少ない可能性が高...

≫続きを読む

食物繊維のコレステロール値の改善効果と効果的な摂取量

食べ物に含まれている食物繊維は、腸の中で分解されることなくそのまま便として排出されます。この時、食物繊維が中性脂肪やコレステロールを吸収し、一緒に体の外へ排出してくれるので、コレステロール値がコントロールされるようになるのです。食物繊維はどのようにコレステロールに作用する?食物繊維には2つの種類があ...

≫続きを読む

【間食防止】食物繊維の満腹感効果と効果的な摂取量

食物繊維が豊富な食品は、多くが食べ応えや噛みごたえがあります。よく噛んで噛み砕かないと飲み込むことができないため、おのずと咀嚼の回数も増え、早食いを防止したり満腹感を得たりすることができます。また、食物繊維の種類の一つに水溶性がありますが、水溶性の食物繊維は、お腹の中で水と混ざると溶ける性質がありま...

≫続きを読む

【代謝促進】食物繊維の胆汁酸吸着効果と効果的な摂取量

肝臓の機能として、コレステロールを合成し作られる胆汁酸は、腸内に入ってきた脂質の消化や吸収をサポートしてくれる役割があります。しかしながら、腸内で胆汁酸が留まる時間が長くなると、次に作られる胆汁酸が合成されず、脂肪肝などにつながってしまう恐れが出てきてしまいます。これを抑制してくれるものとして、食物...

≫続きを読む

【腸が活発】食物繊維の蠕動運動促進効果と効果的な摂取量

食物繊維とは、水溶性と不溶性の種類に分類されます。どちらのタイプも、食べれば胃や小腸などで吸収されることなく大腸まで辿り着くのです。ですが、大腸まで届いた後から少しずつ働き方が異なってくるのです。食物繊維はどのように蠕動運動に作用する?水溶性のものに関して言えば、水に溶けると言う性質を持ちながら腸内...

≫続きを読む